タブブラウザ Sleipnir オンラインデータベース
http://www.sleipnir-wiki.jp/index.php?%B0%CA%C1%B0%A4%CE%B9%B9%BF%B7%CD%FA%CE%F2%2F06

  [ リロード ]   [ トップ | 一覧 | 単語検索 | 最終更新 | バックアップ | ヘルプ ]

<<次 | 前>>

テスト版更新内容 &dagger;

2.40 正式版〜2.45 test3

2.45 test3 (build.2454103) &dagger;

リリース案内:2ch - 2006/08/11(金) 21:06:04

[仕様変更]

  • cleanup.exe の名称を、Repair.exe に変更した。  (Repair.exe は、起動時に問題が起こった場合、プラグインの構成や終了時に保存したタブの状態などの情報をリセットすることで、Sleipnir が正常に起動しない原因を取り除くことを試みます。お気に入りやカスタマイズ内容は維持されます。)

[不具合修正]

  • 落ちることがあった不具合に対策を施した。(品質向上フィードバック)
  • ページ検索バーで拡張ボタンのテキストが表示される不具合を修正した。
  • IEFavorites でお気に入り検索ができなかった不具合を修正した。

2.45 test2 (Weekly Build 20060808) (build.2454102) &dagger;

リリース案内:ユーザー参加開発フォーラム - 2006/08/08(火) 23:47

[新機能]

  • 制限ユーザーが書き込み権限が無いフォルダにインストールされた場合にも、正しく動作するようにした。 初回起動を管理者権限で行ない、データの保存先を Application Data に設定してください。 (修正を入れる前の Sleipnir で、管理者権限のユーザーが SmartInstaller でプラグインをインストールした場合、制限ユーザーで Sleipnir が 起動しなくなります。 制限ユーザーからそれらのファイルの権限を変更することが不可能な為、仕様とさせていただきます。 上書きインストールで、制限ユーザーで利用する場合、一旦、インストールしたプラグインを削除する必要があります。 修正後の Sleipnir でインストールした場合は、問題は発生しません。)

[仕様変更]

  • インストールフォルダに書き込み権限が無い場合、SmartInstaller でのインストール、アンインストール、再起動時の更新を行えないようにした。SmartInstaller を利用する場合は、Sleipnirをインストールしたフォルダに書き込み権限があるユーザーで利用してください。
  • plugins.ini の保存先を prefs フォルダに変更した。(以前はユーザー設定のフォルダ個別に保存していました。)
  • 制限ユーザーで書き込み権限のない場所に設定を保存するようにした場合、警告を出すようにした。
  • 履歴パネル|最近閉じたページを開く で、タブのセキュリティ、及び設定を復元するようにした。
  • ファイル|最近閉じたページを開く で、タブのセキュリティ、及び設定を復元するようにした。
  • 標準ツールバー|最後に閉じたページを開く で、タブのセキュリティ、及び設定を復元するようにした。
  • 起動処理中に、連続で引数を渡されると強制終了する事があった不具合を修正した。
  • 起動時にプラグインの読み込みに失敗した場合、plugins.ini の初期化を自動で行えるようにした。

[不具合修正]

  • スクリプトのActiveIndexの値がタブの並び順と違う不具合を修正した。
  • ファイル|最近閉じたページを開く で、Title タグの無いページを表示する際、空白になっていたものを、URLを表示するようにした。
  • 標準ツールバー|最後に閉じたページを開く で、Title タグの無いページを表示する際、空白になっていたものを、URLを表示するようにした。
  • アップデート時に一時ファイルを削除するようにした。(アップデート時、アイコンが黒くなる事がある不具合に対する対処です)
  • ユーザー設定フォルダに書き込み権限が無いとき、String Table not Found の警告が出る不具合を修正した。
  • 管理者権限でインストールしたプラグインのファイルを、制限ユーザーで読み込もうとすると、読み込みエラーがでる不具合を修正した。
  • 起動処理中に、連続で引数を渡されると強制終了する事があった不具合を修正した。
  • 終了処理中に、別の Sleipnir を起動しようとすると、強制終了することがあった不具合を修正した。
  • 強制終了される不具合を修正した。(品質向上フィードバック)

2.45 test1 (build.2454101) &dagger;

リリース案内:2ch - 2006/08/08(火) 00:02:49

[新機能]

  • 制限ユーザーが書き込み権限が無いフォルダにインストールされた場合にも、正しく動作するようにした。 初回起動を管理者権限で行ない、データの保存先を Application Data に設定してください。 (修正を入れる前の Sleipnir で、管理者権限のユーザーがSmartInstaller でプラグインをインストールした場合、制限ユーザーで Sleipnir が 起動しなくなります。 制限ユーザーからそれらのファイルの権限を変更することが不可能な為、仕様とさせていただきます。 上書きインストールで、制限ユーザーで利用する場合、 一旦、インストールしたプラグインを削除する必要があります。 修正後の Sleipnir で インストールした場合は、問題は発生しません。)

[仕様変更]

  • インストールフォルダに書き込み権限が無い場合、SmartInstaller でのインストール、アンインストール、再起動時の更新を行えないようにした。 SmartInstaller を利用する場合は、Sleipnirをインストールしたフォルダに書き込み権限があるユーザーで利用してください。
  • plugins.ini の保存先を prefs フォルダに変更した。(以前はユーザー設定のフォルダ個別に保存していました。)
  • 制限ユーザーで書き込み権限のない場所に設定を保存するようにした場合、警告を出すようにした。
  • user.ini が読み取り専用になっていた場合、警告を出すようにした。

[不具合修正]

  • スクリプトのActiveIndexの値がタブの並び順と違う不具合を修正した。
  • ファイル|最近閉じたページを開く で、Title タグの無いページを表示する際、空白になっていたものを、URLを表示するようにした。
  • 標準ツールバー|最後に閉じたページを開く で、Title タグの無いページを表示する時に、空白になっていたものを、URLを表示するようにした。
  • アップデート時に一時ファイルを削除するようにした。(アップデート時、アイコンが黒くなる事がある不具合に対する対処です)
  • ユーザー設定フォルダに書き込み権限が無いとき、String Table not Found の警告が出る不具合を修正した。
  • 管理者権限でインストールしたプラグインのファイルを、制限ユーザーで読み込もうとすると、読み込みエラーがでる不具合を修正した。

2.45 正式版 (build.2454100) 差し替え &dagger;

リリース案内:2ch - 2006/07/29(土) 11:28:50

Sleipnir 2.45 がこっそり IE7 beta3 に対応しています。
※ページ検索の不具合に対応。

2.45 正式版 (build.2454100) &dagger;

リリース案内:公式ページ - 2006/07/27(木)

Sleipnir 2.41 正式版 からの変更点は下記の通りです。

[新機能]

  • Sleipnir Script にファイル読み書き用の API を増やした。(Sleipnir-Script.txtを参照してください)
  • Sleipnir オプション|クライアント|起動|戻る/進む履歴を復元する を実装した。(最小値1,最大値9にしています)
  • Sleipnir オプション|パネル|最近閉じたページ|戻る/進む履歴を復元する を実装した。(最小値1,最大値9にしています)
  • 前回終了時の状態を復元する際、戻る/進むの履歴も復元するようにした。
  • 最近閉じたページを復元する際、戻る/進むの履歴も復元するようにした。

[仕様変更]

  • 起動時に前回終了時の状態を復元する設定の場合、終了時に開いていたページを最近閉じたページに追加しないように変更した。
  • 前回終了時の状態を保存しているファイル(LastSession.ffg)のフォーマットを変更した。(戻る/進むの履歴を保存するようにしたので、以前のバージョンの Sleipnir では、このバージョン以降の LastSession.ffg は認識できなくなります。)
  • 最近閉じたページを保存しているファイル(RecentlyHistory.dat)のフォーマットを変更した。戻る/進むの履歴を保存するようにしたので、以前のバージョンの Sleipnirでは、このバージョン以降の LRecentlyHistory.dat は認識できなくなります。
  • 画面のプロパティ|デザイン|詳細設定 でシステムフォントを変更した場合の、アドレスバーや Sleipnir オプション等での文字サイズを調整した。
  • SmartSearchの検索文字列を検索バーに反映するようにした。
  • Sleipnir オプション|Dock|ページ検索バー|検索バーと連動する にチェックが入っている場合、SmartSearch の検索文字列ページ検索バーにも反映するようにした。

[不具合修正]

  • 履歴パネル|最近閉じたページ から開いた時、戻る/進む履歴が復元されなかった問題を修正した。(test6からの修正です)Sleipnirオプション|履歴パネル|履歴は新規ウィンドウで開く のチェックがOFFの場合は、戻る/進むの履歴は復元しない仕様としています。
  • メニュー|グループ からお気に入りグループが開けなかった問題を修正した。(test6からの修正です)
  • 最近閉じたページの設定項目の綴り間違いを修正した。user.iniに"RecentlyHistoryManagerSeting"のセクション名が残ったままになりますが、不要なセクションですので、削除しても問題ありません。今後のバージョンではそのセクションは作成されません。
  • Sleipnirオプション|パネル|最近閉じたページ|最後に閉じたページを開く 時に履歴から削除するのオプションが正しく反映されなかった不具合を修正した。
  • ファイル|最近閉じたページを開く から開いた際、戻る/進むの履歴が復元しなかった問題を修正した。(test5からの修正です)
  • お気に入りパネル|お気に入りグループ|前回終了時の状態 を開いた際、戻る/進むの履歴が復元しなかった問題を修正した。(test5からの修正です)
  • 標準メニュー|グループ|前回終了時の状態 を開いた際、戻る/進むの履歴が復元しなかった問題を修正した。(test5からの修正です)
  • 強制終了されると思われる箇所に対策を施した。
  • Sleipnir オプション|検索エンジンリスト を全削除すると強制終了する不具合を修正した。
  • 英語モードで起動したとき日本語のままになっていた文言を一部修正した。
  • ステータスバーで、ページ内検索の単語検索のステータスが消えなかった問題を修正した。
  • 強制終了される不具合について対処を施した。
  • 戻る/進むでのメモリリークを修正した。
  • MDIモードのとき、マウスでウインドウをアクティブにできなかった問題を修正した。(test3からの不具合修正です)
  • システムメニュー|メニューバーの表示のチェック状態が反映されない不具合を修正した。
  • 画面のプロパティ|デザイン|詳細設定 でシステムフォントを変更した場合に、アドレスバーや Sleipnir オプション等で文字がはみ出ることがある不具合を修正した。
  • SmartSearch で検索を行った際にメモリリークを起こしていた問題を修正した。
  • 強制終了されると思われる箇所に対策を施した。
  • ステータスバーで、ページ内検索のステータスが消えなかった問題を修正した。
  • Sleipnir オプション|デザイン|常にツールバーを固定する がONのときは、表示|ツールバー|ツールバーを固定する をグレイアウトするようにした。
  • 自動更新した時に、アクティブでないビューにフォーカスを奪われてしまう問題を修正した。
  • SleipnirAPI: IsBusy の戻り値がおかしい不具合を修正した。
  • SmartSearch のメニューにキーワードを URI として開くを追加した。
  • Sleipnir オプションダイアログの文言を修正した。

2.41 test9 (build.2414109) &dagger;

リリース案内:2ch - 2006/07/26(水) 17:45:03

Sleipnir 2.41 正式版以降 + test8 の環境に上書きしてお使いください。

[不具合修正]

  • Sleipnir 終了時にエラーが発生する不具合を再調整した。
  • 終了時にメモリリークが発生していた不具合を修正した。
  • test8 にて更新する予定だった、Sleipnir-Script.txt を更新した。

2.41 test8 (build.2414108) &dagger;

リリース案内:2ch - 2006/07/25(火) 00:20:17

Sleipnir 2.41 正式版以降 + test7 の環境に上書きしてお使いください。
Headline-Reader Plugin をインストールしている方は、同時にアップデートされます。

[新機能]

  • Sleipnir Script にファイル読み書き用の API を増やした。(Sleipnir-Script.txtを参照してください)

[不具合修正]

  • URIアクションでセキュリティを変更する際、POSTデータが正しく送信されなかった不具合を修正した。
  • Sleipnirオプション内で、タブオーダーが正しくなかったものを修正した。

==========================================
Headline-Reader Plugin 1.01 test8 の変更点
==========================================

[不具合修正]

  • 保護フラッグの保存ができていなかったものを修正。
  • Sleipnir Feed Search をフィード検索に名称変更した。
  • 記事リストのサイズが変更できなくなる場合がある不具合を修正した。
  • Sleipnir オプション|Dock|Headline 記事リスト|新しいウィンドウで開く の初期値を変更した。
  • Sleipnir オプション|Dock|Headline 記事リスト|通常のページを概要で上書きする の初期値を変更した。
  • Sleipnir 終了時にエラーが発生する不具合の修正した。

2.41 test7 (Weekly Build 20060713) (build.2414107) &dagger;

リリース案内:ユーザー参加開発フォーラム - 2006/07/13(木) 21:27

Sleipnir 2.41 正式版以降 + test6 の環境に上書きしてお使いください。
それ以外のバージョンの人は Weekly Build 20060713 を入れてください。
Weekly Build 20060713 には test6 以前の修正も含まれています。
Headline-Reader Plugin をインストールしている方は、同時にアップデートされます。

=================
Sleipnir の変更点
=================

[重要な新機能]
 なし

[新機能]
 なし

[仕様変更]

  • 起動時に前回終了時の状態を復元する設定の場合、終了時に開いていたページを最近閉じたページに追加しないように変更した。

[不具合修正]

  • 履歴パネル|最近閉じたページ から開いた時、戻る/進む履歴が復元されなかった問題を修正した。(test6からの修正です)Sleipnirオプション|履歴パネル|履歴は新規ウィンドウで開く のチェックがOFFの場合は、戻る/進むの履歴は復元しない仕様としています。
  • メニュー|グループからお気に入りグループが開けなかった問題を修正した。(test6からの修正です)
  • 最近閉じたページの設定項目の綴り間違いを修正した。user.iniに"RecentlyHistoryManagerSeting"のセクション名が残ったままになりますが、不要なセクションですので、削除しても問題ありません。今後のバージョンではそのセクションは作成されません。
  • Sleipnirオプション|パネル|最近閉じたページ|最後に閉じたページを開く 時に履歴から削除するのオプションが正しく反映されなかった不具合を修正した。

===============================
Headline-Reader Plugin の変更点
===============================

[重要な新機能]
 なし

[新機能]

  • Sleipnir の RSS Auto Discovery 機能に対応した。

[仕様変更]

  • フィードデータの定期的な保存を Sleipnir オプション|パネル|Headline 更新|定期的にデータを保存する によるオプション扱いにした。

[不具合修正]
 なし

2.41 test6 (build.2414106) &dagger;

リリース案内:2ch - 2006/07/12(水) 21:57:19

Sleipnir 2.41 正式版以降 + test3 の環境に上書きしてお使いください。
Headline-Reader Plugin をインストールしている方は、同時にアップデートされます。

=================
Sleipnir の変更点
=================

[重要な新機能]
 なし

[新機能]

  • Sleipnir オプション|クライアント起動|戻る/進む履歴を復元する を実装した。(最小値1,最大値9にしています)
  • Sleipnir オプション|パネル|最近閉じたページ|戻る/進む履歴を復元する を実装した。(最小値1,最大値9にしています)

[仕様変更]
 なし

[不具合修正]

  • ファイル|最近閉じたページを開く から開いた際、戻る/進むの履歴が復元しなかった問題を修正した。(test5からの修正です)
  • お気に入りパネル|お気に入りグループ|前回終了時の状態 を開いた際、戻る/進むの履歴が復元しなかった問題を修正した。(test5からの修正です)
  • 標準メニュー|グループ|前回終了時の状態 を開いた際、戻る/進むの履歴が復元しなかった問題を修正した。(test5からの修正です)

===============================
Headline-Reader Plugin の変更点
===============================

[重要な新機能]
 なし

[新機能]
 なし

[仕様変更]
 なし

[不具合修正]

  • フィードリストの項目をドラッグ&ドロップで移動中にエラーダイアログが表示される現象を修正した。
  • Sleipnir 終了時に例外エラーが発生する疑いのある部分の再調整をおこなった。
  • HTML 抽出機能を使用したときに CPU 負荷が高まる問題を修正した。

2.41 test5 (build.2414105) &dagger;

リリース案内:2ch - 2006/07/08(土) 00:44:09

Sleipnir 2.41 正式版以降 + test4 の環境に上書きしてください。

[重要な新機能]
 なし

[新機能]
 なし

[新機能]

  • 前回終了時の状態を復元する際、戻る/進むの履歴も復元するようにした。
  • 最近閉じたページを復元する際、戻る/進むの履歴も復元するようにした。

[仕様変更]

  • 前回終了時の状態を保存しているファイル(LastSession.ffg)のフォーマットを変更した。(戻る/進むの履歴を保存するようにしたので、以前のバージョンの Sleipnir では、このバージョン以降の LastSession.ffg は認識できなくなります。)
  • 最近閉じたページを保存しているファイル(RecentlyHistory.dat)のフォーマットを変更した。戻る/進むの履歴を保存するようにしたので、以前のバージョンの Sleipnir では、このバージョン以降の LRecentlyHistory.dat は認識できなくなります。

2.41 Weekly Build 20060704 (build.2414104) &dagger;

リリース案内:ユーザー参加開発フォーラム - 2006/07/04(火) 17:18

※build は、2.41 test4 と同一。

2.41 test4 (build.2414104) &dagger;

リリース案内:2ch - 2006/07/03(月) 23:03:41

Sleipnir 2.41 正式版以降 + test3 の環境に上書きしてください。

[重要な新機能]
 なし

[新機能]
 なし

[仕様変更]

  • 画面のプロパティ|デザイン|詳細設定 でシステムフォントを変更した場合の、アドレスバーや Sleipnir オプション等での文字サイズを調整した。

[不具合修正]

  • 強制終了される不具合を修正した。(品質向上フィードバック)
  • 強制終了されると思われる箇所に対策を施した。(品質向上フィードバック)
  • Sleipnir オプション|検索エンジンリスト を全削除すると強制終了する不具合を修正した。
  • 英語モードで起動したとき日本語のままになっていた文言を一部修正した。
  • ステータスバーで、ページ内検索の単語検索のステータスが消えなかった問題を修正した。
  • 戻る/進むでのメモリリークを修正した。
  • MDIモードのとき、マウスでウインドウをアクティブにできなかった問題を修正した。(test3からの不具合修正です)

2.41 test3 (build.2414103) &dagger;

リリース案内:2ch - 2006/06/28(水) 22:33:09

差分なので Sleipnir 2.41 正式版以降 + test1, test2 の環境に上書きしてお使いください。

[重要な新機能]
 なし

[新機能]
 なし

[仕様変更]

  • SmartSearchの検索文字列を検索バーに反映するようにした。
  • Sleipnir オプション|Dock|ページ検索バー|検索バーと連動するにチェックが入っている場合、SmartSearch の検索文字列ページ検索バーにも反映するようにした。

[不具合修正]

  • システムメニュー|メニューバーの表示 のチェック状態が反映されない不具合を修正した。
  • 画面のプロパティ|デザイン|詳細設定 でシステムフォントを変更した場合に、アドレスバーや Sleipnir オプション等で文字がはみ出ることがある不具合を修正した。
  • SmartSearch で検索を行った際にメモリリークを起こしていた問題を修正した。
  • 強制終了されると思われる箇所に対策を施した。
  • ステータスバーで、ページ内検索のステータスが消えなかった問題を修正した。

2.41 test2 (build.2414102) &dagger;

リリース案内:2ch - 2006/06/27(火) 19:03:47

差分なので Sleipnir 2.41 正式版以降 + test1 の環境に上書きしてお使いください。

[重要な新機能]
 なし

[新機能]
 なし

[仕様変更]
 なし

[不具合修正]

  • 自動更新した時に、アクティブでないビューにフォーカスを奪われてしまう問題を修正した。

2.41 test1 (build.2414101) &dagger;

リリース案内:2ch - 2006/06/26(月) 20:43:37

Sleipnir 2.41 正式版以降に上書きしてお使いください。

[重要な新機能]
 なし

[新機能]

  • SmartSearch のメニューにキーワードを URI として開くを追加

[仕様変更]

  • SmartSearch でキーワードの前後の半角空白を取り除いて実行するようにした。
  • Sleipnir オプションの用語を統一した。
  • メニュー・ポップアップメニューの用語を統一した。

[不具合修正]

  • Sleipnir オプション|デザイン|常にツールバーを固定する がONのときは、表示|ツールバー|ツールバーを固定するをグレイアウトするようにした。
  • SmartSearch で落ちる不具合について対処を施した。
  • MBCS 版で多重起動時に落ちる不具合を修正した*1

2.41 正式版 (build.2414100) &dagger;

リリース案内:公式ページ - 2006/06/16(金)

[重要な新機能]
 なし

[新機能]
 なし

[仕様変更]

  • バージョン情報ダイアログのデザインを変更した。

[不具合修正]

  • クイックセキュリティを使用してセキュリティモードを切り替えると落ちる現象を修正した。
  • Windows Me/98/98SE において Sleipnir オプション選択時に落ちる現象を修正した。
  • 一部の環境で検索エンジンリストが正しく保存されない問題を修正した。

2.40 正式版 (build.2404100) &dagger;

リリース案内:公式ページ - 2006/06/13(火)

[重要な新機能]

  • SmartSearch を実装した。
  • SafeMode を実装した。起動時の引数に、 -safe-mode と入力することで、起動に最低限必要なプラグインのみをロードして起動します。カスタマイズ等で起動しなくなった際、SafeMode で起動して、プラグイン、スキンの有効無効を切り替えることにより、問題の箇所を特定してください。

[新機能]

  • UserAction Extension が持っていたスクリプトエンジンをクライアントに組み込んだ。
  • Sleipnir.API を組み込みスクリプトから呼べるようにした。(SeaHorse や UserAction で sleipnir.api を使うことにより Sleipnir.API が呼び出せます。ただし、スクリプトによる操作が有効である必要があります。)
  • SleipnirScript のマニュアルを追加した。
  • SleipnirScript: スクリプトのファイル名(フルパス)を返す ScriptFullName プロパティを追加した。
  • SleipnirScript: スクリプトのファイル名を返す ScriptName プロパティを追加した。
  • SleipnirScript: スクリプトのバージョンを返す BuildVersion/Version プロパティを追加した。
  • SleipnirScript: Sleipnir の言語設定を返す Language プロパティを追加した。
  • SleipnirScript: オートメーションオブジェクトを生成する CreateObject メソッドを追加した。
  • SleipnirScript: アウトプットに出力する Echo メソッドを追加した。
  • SleipnirScript: 任意のスクリプトを実行する RunScript メソッドを追加した。
  • SleipnirScript: 関数を指定して任意のスクリプトを実行する RunScriptEx メソッドを追加した。
  • IEFavorites で IE のお気に入りの並び順に従うようにした。
  • IEFavorites で既に存在しないお気に入りやフォルダに対して、切り取りや名前の変更などの操作を行なった場合、お気に入りの表示を更新するようにした。
  • Sleipnir オプション|マウス割り当て|テキスト選択時に SmartSearch を表示するを追加した。

[仕様変更]

  • より多くの問題解決のため品質向上フィードバックで Sleipnir/Grani が読み込んだモジュールと文字セット(unicode/mbcs)を送るようにした。
  • デフォルトの CTRL+C/X/V/A のショートカットキーを削除した。(Sleipnir オプション|ユーザインタフェース|キーボードからリセットすることで不要なショートカットを削除することができます。)
  • UserAction Extension:: アクションをキャッシュしないようにした。
  • SeaHorse Extension:: UserAction Extension に依存しないようにした。
  • 組み込みスクリプトで引数の数をチェックするようにした。
  • 組み込みスクリプトで型をチェックするようにした。
  • Favorites Editor で Ctrl+C/V/X/A を処理するようにした。
  • IEFavorites で名前の変更で空欄にした場合のエラーメッセージを「新しい名前を入力してください。」に変更した。
  • エクスプローラバーの「整理」ボタン押下時の処理を下記のとおり変更した。
     Favorites Editor がある場合は、これを使い、ない場合は、下記に従う。
      Fenrir Bookmark の場合、旧来のエクスプローラバー内での編集する。
      IEFavorites の場合、お気に入りの整理ダイアログを表示する。
  • お気に入りの整理の標準アクションを OrganizeBookmark に変更した。
  • SmartInstaller|Siファイル|Spec を追加した。対応しないバージョンの extensionをロードできないようにチェックするようにした。
  • SmartInstaller|Siファイル|AddFile|<protected>を追加した。<protected>が記載されたものは、アンインストール時に削除されないようにした。
  • SmartInstaller|Skin、Plugin で、アイコンが指定されていない際に利用するアイコンを変更した。
  • Headline-Reader Plugin がインストールされている際、RSSアイコンを押下した際に、Headline-Reader Plugin の表示が切り変わるよう変更した。
  • SmartInstallerで、インストール、アンインストールで問題が発生した際、ダイアログを表示するようにした。
  • インストール直後の起動時、古いインタフェースの Plugin が入っていた場合、アンインストールするようにした。

[不具合修正]

  • 98/Me 版で品質向上フィードバックが起動できない不具合を修正した。
  • 98/Me 版で psapi.dll(プロセスの列挙等)が必要だった不具合を修正した。
  • RoboForm を非表示から表示に切り替えたときに RoboForm が動作しない不具合を修正した。
  • RoboForm がインストールされていない状態で、RoboForm ツールバーを表示した時に表示されるメッセージをクリックしたときに何も起こらない不具合を修正した。
  • RoboForm をインストールした場合のみ、初回起動時に RoboForm ツールバーを表示するようにした。
  • IEFavorites + Favorites Editor で落ちることがある不具合を修正した。
  • 組み込みスクリプト: IEBrowser 以外のビューで _window/_document を参照すると落ちる不具合を修正した。
  • カスタム検索ボタンで、アイコンが指定されていないエンジンを指定した際、サイズの違うアイコンが表示されてしまう不具合を修正した。
  • Sleipnirオプション|検索カスタム検索ボタン|利用できる検索エンジンボタンで、アイコンが指定されていない際、違うアイコンが表示されてしまう不具合を修正した。

<<次 | 前>>


*1 編集註: ソースコードの修正。これは Unicode 版だけなので実際には次回の MBCS 版公開時に適用されます。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-11-16 (木) 16:41:41 (5020d)