タブブラウザ Sleipnir オンラインデータベース
http://www.sleipnir-wiki.jp/index.php?XML%A5%AF%A5%A4%A5%C3%A5%AF%A5%EA%A5%D5%A5%A1%A5%EC%A5%F3%A5%B9

  [ リロード ]   [ トップ | 一覧 | 単語検索 | 最終更新 | バックアップ | ヘルプ ]


*独自形式リソースファイル(拡張子 .xml)クイックリファレンス [#z93fb88d]
現在暫定で作成しています。~
間違いを発見したら、ページ下部のコメントフォームからお願いします。~
(ページが完成したらフォームごと削除します。)

**概要 [#p41face9]
Sleipnir では一部のリソースが .xml という拡張子のファイルで記述されていますが、これは一般的な意味での XML ではなく、フェンリル社によって制定された独自仕様・速度重視のデータ形式です。構造は一見 XML に見えますが、異なる部分があるため XML 用のツールは使えません。

このページでは Sleipnir のリソースファイルとして使用される .xml ファイルを編集したり、その解説を読んだりする際に必要な知識をまとめます。ただし、最低限HTMLを編集できる程度の知識があるという前提で解説します(Sleipnir の .xml ファイルは XML と似ている部分もあるので、初歩的な部分や更に詳細な仕様はXMLを専門的に扱っているページが参考になるかも知れません)。

ある程度以上XMLに精通している人であっても、Sleipnir では''高速化のためにXMLの仕様に反している部分があるという事情''もあるためざっと目を通した方がいいかもしれません。(読まなくてもどうにかなるとは思います)

*リファレンス [#n49bcd8e]
**基本的なこと [#zabe8839]
-一般的な XML とは異なります。
-.xml ファイルは''テキストエディタ''で編集します。
-文字コードは''UTF-8''として保存して下さい。
-HTMLとは違って''大文字/小文字は区別されます''

**要素 [#j0ba0097]
具体例を挙げます。
 <toolbar>
  <item name="GoBack" text="戻る" />
 </toolbar>
という記述があったとき、'''toolbar要素'''はこの全体を示します。('''<toolbar>'''と'''</toolbar>'''も含みます)

また、'''<toolbar>'''を''toolbar要素の開始タグ''、'''</toolbar>'''を''終了タグ''と呼び、特に無く''タグ''なら一般に二つをセットとして指します。

toolbar要素の''要素内容''といった場合は'''[改行][半角スペース]<item name="GoBack" text="戻る" />[改行]'''を示します。つまり、toolbar要素のタグで挟まれた部分になります。

また、全てのtoolbar要素は''toolbar要素タイプ''であり、この中でtoolbarを''要素タイプ名''と言ったりしますが多分これは知らなくても大丈夫です。

Sleipnir のリソースファイルで使用できる要素タイプはそれぞれのファイルごとに異なります。

**空要素 [#t301adce]
要素内容が存在しない要素を''空要素''と呼びます。

HTMLでは終了タグを省略するだけでしたが、Sleipnir の .xml ファイルでは''要素''の例で既にあるように書式が若干違います。
 <item name="GoBack" text="戻る" />
上記のようにタグの末尾を''/>''にします。このような書式のタグを''空要素タグ''と呼びます。

**属性 [#v3fae506]
開始タグ内もしくは空要素タグ内において要素型名の部分に含まれない記述が属性になります。
 <item name="GoBack" text="戻る" />
上記要素には、''name属性''と''text属性''が指定されています。

name属性のうち''name''を''属性名''、''GoBack''を''属性値''と言います。

**文字参照・エンティティ参照 [#q6503a4a]
''Sleipnir のリソースファイルでは使用できません''((なので一部文字が使えない))が一応書いておきます。((そのうち使えるようになるといいなという))

一般的な XML では、構文上重要な意味を持つ'<'とか'&'などの文字や、他言語の文字を使用したい場合に文字参照という方法があります。
 &#60;&#x26;
は''<&''と記述しています。

エンティティ参照は割愛。

**コメント [#m599a61d]
''Sleipnir のリソースファイルでは使用できません''が一応書いておきます。
一般的な XML における
 <!-- ほげほげ -->
という記述は「ほげほげ」をコメントとして記述しています。

**XML宣言(必ず一行目に記述) [#y3036d0c]
 <?xml version="1.0"?>
多分、他は受け付けません。((試してないです。すみません。))エンコード指定もできないので文字コードはUTF-8に固定されます。((多分))

''XML宣言と聞いてよく分からない人へ''~
おまじないです。とりあえず書いておいて下さい。

**その他 [#n09934e8]
名前空間、CDATA、DTDなどは Sleipnir のリソースファイルでは使用できません。

--------------------------------------------
-ユーザーコミュニティで「〜フィード」ボタン押すとソースが表示されることの解決に役立つかと思ったのですがだめでした。 -- [[聖徳太子]] &new{2007-10-03 12:11:28 (水)};

//#comment

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS